結婚したいなら必要なことは4つ!出会いないとか彼氏いないとか関係ない

結婚したい 彼氏 出会い
おさむちゃん
彼女もいない、いいなと思う人もいない。そんな状況から、来年結婚すると言いだして本当に結婚できました!おさむちゃんです(`・∀・´)

私は女性の友人や知人から相談を受けることがよくあります。

  • 結婚したいけどいい人がいない、出会いがない。
  • だから彼氏すらいない…。
  • 彼氏はいるけどプロポーズされない。

社内恋愛やいい恋愛をたくさんしたい!と思ってはいたものの、実際に社会人になって働いてみるとなかなかいい出会いがあるわけでもない。

合コンに行けば、なんだかチャラそうなやつばっかりだったりして。

いい人を見つけた!と思っても、付き合ってみたらそうでもなかったり。

なのに、なぜか周りの友達はどんどん結婚していって。

なんで自分はいい人と巡り会えないんだろう、結婚できないんだろう。

 

そんな負のスパイラルに陥っているケースがすごく多いです。

そういう状況を乗り越えて彼氏をゲットした女性に多いのが、彼がプロポーズしてくれない問題。

これ、実は別の問題のようで繋がっているんですね。

そこに気づくだけで、簡単にいい彼氏ができてスムーズに結婚していく友人がいます。

 

ここで、一番大事なことを確認させてください。

あなたは結婚したいですか?

「Yes!」ですよね?

結婚したい人に向けて実体験を元に大事なことを教えます。だから結婚したいと思う人だけ続きを読んでください。

 

結婚したいなら大事なことは4つ

本当に結婚したいなら大事なことが大きくわけて4つあります。

  • 理想の相手を明確にすること
  • 結婚すると決めること
  • 男という生き物を理解すること
  • 話し合うこと

物事は小手先のテクニックよりもしっかりとした考え方、基本が大切です。

まずはしっかりとこの4つを胸に刻んでください。

「プロポーズされたい!男をその気にさせる10のテクニック」みたいなものに惑わされないように。

 

その1 理想の相手を明確にすること

まず、結婚したい!という人のほとんどが、どんな人と結婚したいのか明確になっていません。

おさむちゃん
どんな人と結婚したいの?理想とかあるでしょ。
隣のアラサー女子
なんかいい感じの人。ほら、人当たりが良くって、優しくて、年収は最低600万円ね。あとは…

と、こんな感じになりませんか。

 

条件がたくさん出てくるのは別に悪いことではありません。

ここで大事なのは、とにかく自分の理想の相手をしっかりとイメージすること。

条件なんてどんどん出していいです。その代わり、どうしてそれが大事なのか?ということをしっかりと意識してください。

理由がしっかりとしていれば、そこが絶対に必要なポイントかどうかという判断がつくようになります。

たくさんの理想を出してみて、本当にそれが必要なことなのかを考えると、実はそんなに重要じゃないと気づくことがあります。

それが大事。ここで本当の理想が見つけられます。

 

明確になっていないのは、ちゃんと考えていないからなんです。

とにかく本気で考えること。

実は、いい人と出会えないというのは「いい人」が明確に定まっていないからです。だから、いい人と巡り合っても出会ったことに気付かない。

 

さらに、自分にとってのいい人が決まれば、どこへ出かけるのか、どこへ出会いを求めるのかというのもある程度、明確になります。

例えば、絶対に年収1000万円は譲れない!というなら、稼いでる人がいる場所へ出向くしかないですから。

高年収が絶対に譲れない条件なら、結婚相談所なども一つの選択肢かもしれません。

あとは、医者、弁護士、パイロット、起業家、アフィリエイターとか、とにかく属性を絞って出会える場に行くしかないですね。

偶然の出会いなんて待っててもなかなか訪れません。

逆に、理想の人に求めるものが内面的なものだけだったら、どこでもいいんですよ。

とにかく人と接する場へどんどん出かけること。狙えるポイントが広くなります。

 

私の場合、理想の相手に求める100リストを作った方がいいと言われ、10個くらいは条件を書き出しました。

でも、とにかく譲れないとずっと言っていたのが、

  • 笑顔が素敵な人
  • 自分の芯がある人

この二つです。

だから周りにもこの条件をずっと言っていました。

自分の理想の相手は笑顔が素敵で自分の芯を持っている人だと。

実際、私の奥さんはこの条件にぴったりと当てはまる人です。

出会いはどこにでもある|僕がオンラインサロンで出会って結婚した話

2018.05.28

その2 結婚すると決めること

たくさん相談を受けていて気付いたのですが、結婚したいと言っている人でも本気度の違いがかなりあります。

本当に結婚したいなら、「いい人がいれば〜」なんて言わずに、いつまでに結婚する!と強く決心しましょう。

ここは結構見過ごされがちなんです。でもすごく大事。

なんとなく生きてたら素敵な彼氏ができて、プロポーズされて結婚。という流れになる人はいいですよ。

でも、そんな展開、なかなかないんです。

 

実際には、煮え切らない態度の男をどうにか結婚したいと思わせようとみんな頑張っています。

出会いがないから、どんどん出会いの場へ出ていくんです。

自分の思考を変えなければ行動が変わりません。

だから、結婚したいなら、結婚するんだという意思をしっかりと固めてください。

 

私の場合、結婚すると決めたときは、彼女はおろか、想いをよせる女性すらいませんでした。

それでも結婚する!と会う人会う人に宣言していました。

こいつはなに言ってるんや、と笑いのネタにされることは日常茶飯事。

でもそんなことには負けず、趣味や気になる場所へ出かけて人と会うことを絶やさず続けました。

理想のタイプを常に口にし、結婚するといい続けました。

 

その結果、2ヶ月で彼女ができ、付き合って9ヶ月足らずで結婚することができました。

まだ彼女もいないのに結婚すると宣言していたときに書いた記事がこちら
来年結婚すると宣言していることの意味について語っておく

 

その3 男という生き物を理解すること

では、なかなか彼氏がプロポーズしてくれない問題を解決しましょう。

女性特有の悩みとして、彼氏がなかなかプロポーズしてくれないというのはもはや定番の悩みではないでしょうか。

これを解決するのが男という生き物を理解すること。

 

どうしても女性はプロポーズしてほしいですよね。

だって、一生に一度のことだし。

女として、プロポーズはされたい。

その気持ちはわかりますよ。

 

このときに、小手先のテクニックに頼ってはいけません。

自分の「してほしい」ばかりに目がいって、相手の気持ちをしっかりと理解できてない、なんてことはありませんか。

 

女性が「女だから」と思うのと同じように、男性も「男だから」という思いを抱えているのです。

だから、男というのはどういう生き物で、結婚をするときにどういう悩みを抱えるのかを考えてみましょう。

 

基本的に、男は弱い生き物です。

全員がそうとはいいません。でも、プロポーズがなかなかできない男というのは弱いのです。

よく考えてみてください。一般的な男性の結婚後のあり方を。

家族のために一生懸命働き、奥さんと子供のことを守る大黒柱。それが一般的に男性に求められる姿です。

 

でも、本当に自分が家族を守っていけるかって考えると不安になることもあるんですよ。

AIに仕事が奪われる、なんて言われている時代に、本当に自分がずっと今の仕事を続けられるかどうかなんてわからないでしょう。

 

起業したい!なんて夢を抱いている男性は、自分一人なら失敗しても大丈夫、生きていける。

でも、もし家族がいたら、失敗したら家族を守ることはできないかもしれない。

そしたら、自分が本当に成功したと思えるまでは結婚なんてできない。そう思うんじゃないでしょうか。

 

上司から結婚のいい話は聞かず、結婚したら責任ばかりがどんどん増えるようなイメージを持っていれば、誰だって自信満々で結婚に踏み切れないです。

いつも弱音を吐かない人ほど、内心では不安を抱えていたりします。

女性には出産というタイムリミットがあることはわかります。

でも、男性にも男性なりにたくさんの不安を乗り越えて結婚という決断をしなければいけないことを理解してあげてください。

理解できれば、相手がどうして結婚に踏み切れないのかが少しはわかるはずです。

相手を理解すること、特に男という生き物が求められている姿というものを理解することが、その後の話し合いに大きく役立ちます。

 

ちなみに、私も結婚はまだまだと思っていた方です。

結婚したいといい出したのは32歳の誕生日を目前に控えたとき。

それまでは、自分はまだまだ挑戦したい。会社をやめて自分で事業をやっていきたいという思いが強くありました。

だから、大きな会社で安定してそれなりにいい給料をもらえていても、今の状況で結婚するという思考にはなれませんでした。

正直、責任から逃げていたんです。

 

でも、いい人と出会ったら結婚しようという思いに変わったんです。

そのきっかけは、自分と向き合って、人と向き合って、責任についてしっかりと考えてみたこと。

 

先ほど紹介した記事にも書いてあるのですが、そもそも私と結婚しようと思える女性は、私に全て背負ってもらおうなんて人はいないんじゃないかと。

だから勝手な思い込みで一人で責任を負うのはやめようと思いました。

それは責任を放棄したわけではなく、責任を取る必要ができたら全力で取ろうと。

出会ってもいない未来の奥さんを勝手に想像するんじゃなく、自分が結婚する相手と向き合ったときに考えればいいやと思ったらすごく気が楽になったんです。

 

実際、私が結婚したのは自分でしっかりと稼げる人です。

しかもフリーランスとして働いているので、出産があってもキャリアが途絶えるようなこともありません。

もし彼女の仕事がうまくいかないときがあれば、そのときは自分がたくさん頑張ろう。

私はそれくらいの気持ちで働けています。

男には男なりの不安があるということを理解してあげてください。

 

その4 話し合うこと

ここまできたらもう一息です。

あとは相手のことを理解しながらちゃんと話し合うこと。

俗にいうコミュニケーションというものですね。

結婚はゴールではなく新しい始まり。

結婚後もいくどとなく話し合っていきていく必要があります。

面と向かって話し合えない関係なら、結婚してもきっとうまくいきません。

 

大事なこと、まだ忘れていませんよね。

男というものがどういう生き物で、どういう悩みを抱えているのか。

 

だから、相手のことを考えながら自分のこともしっかりと伝え、主張するのです。

また、相手の将来の夢や、今やっている仕事のこと、そんなことを日頃からしっかりと聞いておくことがすごく大切です。

何かチャレンジしたいというものがある彼なら、チャレンジすることによって責任が取れないかもしれないとか、チャレンジのための自分の時間を確保しておきたいとか、そういった思いがあるかもしれません。

だから、そういった本音を引き出してあげましょう。

そして安心させてあげましょう。

 

「もし、あなたが失敗してお金が稼げなくなったら私が頑張って稼ぐよ!もし、それだけで厳しかったらちょっとは手伝ってね!」

なんて言ってあげればいいですよ。

それで少しは彼の肩の荷がおります。そして何より、そんなあなたの思いを受け取った彼は、「もしダメだったら諦めてしっかりと働く、苦労はさせたくない!」って思ってくれます。

もともと責任感が大きすぎて踏み出せないだけなんですから。

 

私の場合、彼女と付き合うときには、私がよく年に結婚するつもりがあるというのは伝わっていました。

そして、自分の人生観や考え方もある程度伝わっていたと思います。

だから、自分の働き方や将来の考え方で揉めることはなく、私のことを信用してくれているんです。

もちろん、私も彼女の理想をかなえられる部分はかなえます。

今は東京に住んでいますが、子供ができる頃には彼女の地元の福岡へ移住する予定です。

 

子供ができたら東京より田舎だよね。

奥さんの実家が近ければ子供を預けて二人で遊ぶ時間も作れるよね。

お金は最低でも二人合わせてこれくらい稼いでれば大丈夫だよね。

 

そんなふうに、どちらかの願望だけでなく、話し合った二人の願望として未来の話をしています。

自分の都合、願望だけを押し付けず、相手の気持ちを理解しながら話し合うことで、幸せな結婚へ向けての扉が開かれます。

 

間違ってもわけのわからないサイトの記事は信じないように

ここまで読み進めた人には、結婚するために自分に何が足りないのかよくわかったのではないでしょうか。

ただ、ここで結婚への思いを固めたのに、ちょっとうまくいかなかったからと言って、よくわからないサイトに書いてあるデタラメな内容に気をとられる人がいるので注意しておいてください。

 

実際に検索して上位に出てくるサイトにこんなことが書いてありました。

彼氏の結婚したい度を測るセリフ

結婚したい度100%は「結婚したいんだ」

結婚したい度80%は「あー、結婚してーな」

ハァ?

結婚したいなら「結婚しよう」「結婚してください」でしょ!

結婚の話し合いをしていてこのワードが出てくるなら、何か引っかかっている部分があるだけです。

でも普段の会話の中でさらっとこんなこと言いません!

突然そんなこと言い出すのは結婚詐欺師くらいじゃないでしょうか。

「結婚したいんだ。でも、実は借金があって…。これくらい必要なんだ。君に迷惑はかけられない。」

とか、よく詐欺の事件で聞いたことありませんか?

 

普段の会話の中で「あー、結婚してーな」って言うやつ。

どういうことですか?

こんなことを突然いう彼氏、絶対おかしいですよね?

あなたとは結婚したくないんだけど結婚はしたい、みたいじゃないですか?

 

平然とわけのわからないことが書いてあるので鵜呑みにしないように!

テクニック系も基本は相手の感情をどう揺さぶるかとうい表面的な所にフォーカスしているものが多いです。

結婚はゴールじゃなくてスタート。

うまくいかなくて迷ったら、また記事を読みに帰ってきてください。

 

まとめ

もう一度おさらいしておきましょう。

結婚したいなら

  • 理想の相手を明確にすること
  • 結婚すると決めること
  • 男という生き物を理解すること
  • 話し合うこと

重要なのはこの4つです。

男の数は35億!ではないですが、素敵な人はたくさんいます。

そして、出会うには出会うために出かけることと、出会う意思があるということをしっかりと表明しておくだけです。

出会いの方法探すよりも、根本的なところをしっかりと見直しましょう。

シェアしてくれたら飛んでよろこびます(`・∀・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です